岡山市,皮膚科,アレルギー科,服部皮膚科。にきび,アトピー性皮膚炎,水虫,円形脱毛症,湿疹,じんましん,ほくろ,ピアス,小じわ,しみ,くすみ,にきび痕,看護師 求人

MENU

プラセンタ注射・サプリメント

プラセンタ

プラセンタ注射は加齢とともに次第に失われていく成分を補充します。

日本人の胎盤から抽出された物質で、様々な栄養素・アミノ酸・ビタミン・免疫賦活物質などが含まれています。肝臓疾患治療薬として50年程前から使われている薬剤で、体全体の状態を改善する効果があると考えられています。「アレルギーの改善・肝臓の働きを助ける・更年期障害の改善・関節痛の改善・体や肌のアンチエイジング」などに「効果が見られるようだ」という報告が増えていますが、効果に個人差もあり、何故効果があるかはわかっていません。

痛いのになぜ注射が良いの?

プラセンタは有効成分が体内に取り込まれにくいので、皮膚に塗ったり、内服したりに比べると、筋肉などに直接注射する方が確実に体内に取り込まれます。点滴では数時間で体から出て行ってしまうので、大量投与が望ましいでしょう。

どの位の量・頻度が効果的?

頻度や量が多いほど効果は強く出ます。当院では1週間に1~3回程度、1回2アンプル注射される方が多いようです。

注意点

ヒトプラセンタは人間の胎盤から抽出されています。厚生労働省の認可を受けており、医薬品として50年程前から医療機関で使われている薬ですが、感染症の報告は一例もありません。しかし、未知の病原体などによる感染の可能性はゼロではなく、厚生労働省より「プラセンタ使用者の献血は暫定的に中止する」との通達が出ています(身内への輸血などは構わない)。プラセンタ治療(イオン導入も含む)を受ける際にはその点をご考慮下さるようお願いいたします。

プラセンタのサプリメント

ヒトプラセンタの代わりに、日本国内で飼育されたブタの胎盤から抽出したブタプラセンタを使用しています。医療用プラセンタ製造メーカーが製造している国内で最も信頼できる製品の一つです。防腐剤や増量剤などの添加物などを一切含まない純粋なプラセンタエキスです。継続してプラセンタ注射をするのが最も効果的ですが、注射が苦手な方・定期的な来院が難しい方・注射をしているけど、プラスアルファでプラセンタ治療をしたい方にオススメです(注射との併用もできます)。内服は吸収効率が劣るため、一週間でプラセンタ注射63本分と同じ量を内服して、効果の差を縮めています(1日3カプセルの場合)。

費用(税込み)

注射1バイアル1650円
注射2バイアル2160円
内服100カプセル16200円

◆プラセンタサプリメントは1日あたり3カプセルが目安です。

岡山駅西口から徒歩10分 TEL 086-254-2323 午前9:00~12:30 午後15:00~18:00 
休診日:水曜午後・土曜午後・日・祝

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 服部皮膚科アレルギー科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.