岡山市,皮膚科,アレルギー科,服部皮膚科。にきび,アトピー性皮膚炎,水虫,円形脱毛症,湿疹,じんましん,ほくろ,ピアス,小じわ,しみ,くすみ,にきび痕,看護師 求人

MENU

とびひ(伝染性膿痂疹)

とびひ

表面がじくじくし始めたらとびひになっている可能性があります。

とびひは小学校低学年頃までに多い病気で、湿疹や傷にバイキンがついたものです。頭からつま先までどこにでもできます。ジクジクした汁やカサブタが混在した病変で、表面のバイキンが火が飛ぶように他の部位にうつっていくことからトビヒと呼ばれています。とても感染しやすいので、兄弟姉妹同士でうつしあうことも多く、注意が必要です

夏に多い病気ですが、最近暖房が発達しているので冬にも見かけるようになってきました。

更に詳しい情報はこちらのページでも見ることができます。ご参照ください。

湿疹ができやすい子は夏に要注意

日頃から肌が荒れている子は夏に湿疹になりやすく、トビヒになるリスクが高くなります。日頃から湿疹がひどくならないように皮膚科でコントロールしておいて、トビヒにならないようにしましょう。

貼りっぱなしで治すバンソウコウは危険

最近貼りっぱなしで傷が治るというバンソウコウをよく売っていますが、貼りっぱなしということは、傷口にバイキンを閉じ込めたままどんどん増殖するリスクが高くなるということです。特に夏場・小児への使用はあまりお勧めできません。

中途半端な自己治療は薬が効かないバイキンを育てる

最近薬局などでも抗生物質の塗り薬を販売していますが、中途半端にバイキンの薬を使うと、生き残ったバイキンはどんどん薬が効きにくくなっていきます。MRSAという抗生物質が効きにくい菌でのトビヒが年々増加しています。最初から皮膚科を受診し、きちんと治療しておくようにしましょう。

岡山駅西口から徒歩10分 TEL 086-254-2323 午前9:00~12:30 午後15:00~18:00 
休診日:水曜午後・土曜午後・日・祝

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 服部皮膚科アレルギー科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.