アトピー性皮膚炎の仕組み

病院の薬(アレルギーの薬・ステロイドの薬など)は症状を抑えているだけにすぎません。悪くなる原因を取り除くこと=生活習慣改善こそが体質改善であり、治療の基本です。何か特殊なサプリメントや漢方薬を使っていれば環境がどんなに悪くてもアトピーにならないなんておかしな話です。地道な生活改善で、「皮膚炎がなるべく出ないようにコントロールする」事がアトピー治療の目的なのです。

アトピー性皮膚炎には診断基準があります

しつこい湿疹が出ると「アトピー?」と考えてしまいがちですが、アトピー性皮膚炎には診断基準があり、全ての湿疹がアトピーというわけではありません。自分でアトピーと思い込んで不必要な食事制限やサプリメントを内服したり、薬局で誤った薬を使っているとかえってこじれてしまうことがあります。早めに専門医で診断を受けましょう。

アレルギーの原因を調べるには?

血液検査で環境アレルギーや食物アレルギーを、パッチテストで接触アレルギーや金属アレルギーを調べます。皮膚症状や年齢で「何を調べるべきか」が変わってきます。皮膚の状態を診て必要な検査をします。

スキンケアで皮膚バリアを補強します

皮膚のバリアが弱いと、外からアレルゲンが入りやすくなります。毎日のスキンケアはアレルギー対策と並ぶアトピー治療の柱です。しっかりとスキンケアをすることでステロイドを使う量を減らすことがポイントになります。

脱ステロイド?正しく行うならいい事です。

「生活改善=体質改善」や「スキンケア」が治療の基本ですが、日常生活の中では完全にできません。そのギャップを埋めるのがステロイドを中心とした薬です。生活改善やスキンケアをしっかりすることで使わないで済むようになる=脱ステロイドが治療の最もよい形です。脱ステロイドできるかどうかは、日頃の生活改善をどれぐらいしっかりできるかにかかっているのです。日常生活やスキンケア習慣がうまくできていないのに無理やりステロイドをやめてしまうと当然体に大きな負担がかかりますので、まず自分の生活を変えることが必要です。

新しい光線療法=ナローバンドUVB・エキシマランプ

新しい紫外線療法=ナローバンドUVB・エキシマランプ療法が保険適応となっています。乾癬・アトピー性皮膚炎・掌蹠膿疱症・円形脱毛症・白斑やある種の皮膚癌などでも高い効果が認められています。ただ紫外線には発癌性がありますので、専門医による診断・治療計画が必要です。当院でも積極的に治療を行っています。

アトピー性皮膚炎に関連した情報

以下のサイトでアトピー性皮膚炎に関係した情報が紹介されて います。偏った情報に振り回されず、正しい情報を参考にする ようにしましょう。
アトピー性皮膚炎全般については、
http://www.maruho.co.jp/kanja/atopic/
主に乳児の食物アレルギーについては、
http://www.meiji-hohoemi.com/baby/allergy/index.html
http://www.hagukumi.ne.jp/caremamapapa/babyfoodallergy/01.shtml

アトピー性皮膚炎の新しい治療(ステロイド以外)

上記のような生活習慣の改善やスキンケア、アレルギー対策をしてもどうしてもコントロールが難しい重症のアトピー性皮膚炎に近年多くの治療手段が使えるようになってきています。

タクロリムス軟膏(塗り薬)

1999年から使用されている塗り薬です。ステロイドと異なり長期使用でも皮膚に対する副作用が少ないため、主にステロイドで良くなった後に、良い状態を続け、ステロイドの使用量を減らすために使われています。詳しくはコチラのサイトをごらんください。

シクロスポリン(飲み薬)

2008年から、シクロスポリン(アレルギー反応の一部を調整する薬)がアトピー性皮膚炎に対して使用可能になりました。シクロスポリンを使えるのは、既存の治療に抵抗する成人の最重症例です。長期使用の場合は3ヵ月以内一度休んで再開します。。本薬剤は成人の最重症・難治例に対して短期的に使用するべきもので、アトピー性皮膚炎の治療に精通した医師のもとで使われることを前提としています。

デュピクセント(注射薬)

2018年から使用できるようになった注射薬です。シクロスポリンとは違った仕組みでアレルギー反応の一部を調整して症状を劇的に改善します。非常に高価な薬ですが、効果も非常に高い薬です。詳細はコチラのサイトをごらんください。

コレクチム軟膏(塗り薬)

2020年から使用できるようになった塗り薬です。ステロイド以外の塗り薬にはタクロリムス軟膏がありますが、タクロリムス軟膏とは違った仕組みでアレルギー反応の一部を調整して炎症を抑える効果があります。タクロリムス軟膏と同様にステロイドの塗り薬で良くなった後、良い状態を続けてステロイドの使用量を減らすために使わます。使用され始めてから日が浅いので未だ評価は定まっていません。

オルミエント(飲み薬)

2021年から使用される飲み薬です。JAK阻害剤という薬で、コレクチム軟膏と似たような仕組みで皮膚の炎症を抑える効果があります。非常に高価な薬で、使用され始めてから日が浅いのでまだ評価は定まっていません。

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする