岡山市,皮膚科,アレルギー科,服部皮膚科。にきび,アトピー性皮膚炎,水虫,円形脱毛症,湿疹,じんましん,ほくろ,ピアス,小じわ,しみ,くすみ,にきび痕,看護師 求人

MENU

金属アレルギー

金属アレルギー

歯科金属アレルギーは皮膚炎と関係していることがあります。

アクセサリーや時計だけでなく、歯科金属・身の回り品に含まれる金属(ベルトのバックル、革製品、メガネのツルなど)などが原因になります。

また食品の中には金属の含有量が多い食品があり、難治性の慢性湿疹などでは食物制限を必要とすることがあります。

歯の治療前に金属アレルギーのチェックを

歯の治療には金属を使う場合が多く、治療が進んでから金属アレルギーがわかって困る場合もあります。治療前に金属アレルギーの検査をしておくのが無難でしょう。

埋込み型の治療器具と金属アレルギー

医療の進歩に伴い、ペースメーカー・血管用のステント・歯科用インプラント・人工関節や骨固定用の金属など体内に埋め込まれるタイプの金属が増えてきており、そういった医療製材含有の金属によるアレルギー反応を起こす例が報告されています。現代人はニッケルアレルギーが大変多いため、特にニッケルを含む金属含有医療製材の体内埋め込みの予定がある場合には前もって金属アレルギーの有無を確認する必要性があるのではないかという意見があります。

ピアスと金属アレルギー

ピアスは金属アレルギーになりやすい行為です。特にピアスホールを開ける時になりやすく、穴を開ける処置及び術後の処置がきちんとできていないと、金属に感作されるリスクが高くなります。医療機関でピアスホールを開けるようにしましょう。

症状・検査は?

手足や体に湿疹ができたり、粘膜に着色したり、アトピー性皮膚炎が悪くなったりします。症状の場所や性状など皮膚・粘膜を診て必要な検査を行うこともあります。

岡山駅西口から徒歩10分 TEL 086-254-2323 午前8:30~12:00 午後15:00~18:00 休診日:水曜午後・土曜午後・日・祝

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 服部皮膚科アレルギー科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.