岡山市,皮膚科,アレルギー科,服部皮膚科。にきび,アトピー性皮膚炎,水虫,円形脱毛症,湿疹,じんましん,ほくろ,ピアス,小じわ,しみ,くすみ,にきび痕,看護師 求人

MENU

赤ちゃん・子供の皮膚症状

赤ちゃん・子供の皮膚はデリケート

赤ちゃん湿疹

赤ちゃんは肌が弱いので湿疹も出やすくなります

子供の皮膚は大人より薄く、乾燥・バイキン・アレルギーにとても弱く、とてもデリケートです。

女性は顔の毎日のスキンケアは欠かしませんね。顔の肌より赤ちゃんの全身の肌の方が薄くて弱いのです。自分の顔の肌をいたわるように赤ちゃんの毎日のスキンケアを習慣にしてあげてください。赤ちゃんの洗顔の仕方についてはこちらを参考にしてください。

ステロイドは「使いすぎも使わなすぎもダメ」

何でもそうですが、「極端なことをしているとうまくいかない」と言えます。子供にステロイドを使いたくないという親御さんは多いのですが、「たとえどんな状態であっても使わない」という極端なやり方をしていると、必要な時に使えずに食物アレルギーになるリスクを高くしたり、トビヒヘルペスなどの危険な感染症にかかりやすくしてしまうこともあります。大切なのは「ステロイドを使わなくてもいいように日頃からスキンケアをきちんとしておく」ということで、それでも必要なときにはステロイドを使うようにしたらよいでしょう。スキンケアのやり方や適切な薬の使い方を学ぶために皮膚科があるのです。

特に2歳以下では食物アレルギーに注意

乳幼児食物アレルギー

口周囲のしつこい湿疹では食物アレルギーを疑います

口の周りがよくただれる、眼の周りがはれたり痒くなる、体の色んなところに湿疹が出るなどは食物アレルギーの可能性があります。 食物アレルギー治療の大切な点は「適切な皮膚の治療をしても良くならない場合に食物アレルギーを疑う」ということです。 皮膚科での通常の治療でおさまってしまう様な症状なら単にスキンケアがうまくできていないだけかもしれません。適切な治療を行った後でも皮膚症状が続く場合にはプリックテストというアレルギーの検査をして食物アレルギーの有無を確認します。プリックテストは皮膚でする15分程度の検査なので小さい子供への負担の非常に少なく済みます。

岡山駅西口から徒歩10分 TEL 086-254-2323 午前8:30~12:00 午後15:00~18:00 休診日:水曜午後・土曜午後・日・祝

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 服部皮膚科アレルギー科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.