岡山市,皮膚科,アレルギー科,服部皮膚科。にきび,アトピー性皮膚炎,水虫,円形脱毛症,湿疹,じんましん,ほくろ,ピアス,小じわ,しみ,くすみ,にきび痕,看護師 求人

MENU

いぼ(ウイルス性イボ)

イボはウイルスの感染症です

手指イボ

ウイルスが増殖してどんどんサイズが大きくなります

いぼウイルスの感染症で、次第に大きくなり、増えていくので早めの治療がベターです。

液体窒素の凍結療法が主体ですが、痛みに弱い方には塗り薬の治療を、また難治性のいぼには手術療法も行うことがあります。

漢方薬の内服も併用することがあります。

足裏では魚の目と間違えやすい

 

足裏イボ

ウイルスが周りにうつってどんどん数が増えていきます

小さい子供の手足に多い病気で、よく魚の目・タコと勘違いされて大きくなってから来院されることがあります。

大きくなればなるほど治りづらくなりますから、あやしいと思ったら早めに受診しましょう。

岡山駅西口から徒歩10分 TEL 086-254-2323 午前8:30~12:00 午後15:00~18:00 休診日:水曜午後・土曜午後・日・祝

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 服部皮膚科アレルギー科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.