岡山市,皮膚科,アレルギー科,服部皮膚科。にきび,アトピー性皮膚炎,水虫,円形脱毛症,湿疹,じんましん,ほくろ,ピアス,小じわ,しみ,くすみ,にきび痕,看護師 求人

MENU

白斑(尋常性白斑)

白斑

急に皮膚の色が白く抜けます

生まれた時には無かった白い斑点が急にできてくる病気です。子供から高齢者までどの年代でも発症します。

体の片側に規則性を持って出てくる分節型・全身にランダムに出現する汎発型・体のごく一部だけに見られる限局型などに分類されています。

早めの治療が鉄則

白斑は出現して早期に治療を始めるほど効果があることが知られています。逆に病像が完成して長く経過すると治療効果は少なくなっていきます。

まずは飲み薬・塗り薬・光治療をしてみる

活性型ビタミンD3外用剤・ステロイド剤などの塗り薬、抗ヒスタミン剤などの飲み薬と同時に、光治療が効果があります。最近エキシマランプの治療効果が高い事が注目されており、当院でも積極的に治療を行っています。

なかなか治らない場合の治療法

上記の治療に反応しない場合の選択肢の一つに植皮治療があります。色が正常な部分の皮膚を取ってきて色が抜けた部分に植える治療法です。100%ではないですが、生着した部分には色素が再生し、そこを起点として徐々に全体が改善していくことがあります。関連病院に紹介しています。

色が抜けた部分に特殊なファンデーションや色をつける薬品を塗布するやり方もあります。そういった製品を使って生活の質を上げるための上手なメイクアップ方法なども含めて、下記のリンク先で紹介されていますから参考になさってみると良いでしょう。

特殊なファンデーション
https://www.grafa.jp/products/medicalmakeup/dhadress/
http://www.shiseidogroup.jp/slqc/products/vv.html

岡山駅西口から徒歩10分 TEL 086-254-2323 午前8:30~12:00 午後15:00~18:00 休診日:水曜午後・土曜午後・日・祝

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 服部皮膚科アレルギー科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.