前回コラムのように、日本のニキビ治療も世界標準に追いつき、赤みを残さずにきれいに治しやすくなってきました。しかしそれでも「ニキビ跡の赤みが消えないからニキビの薬が効いてない」という患者さんが毎日のように来院されます。なぜでしょう?

炎症になる

赤く膿んだニキビの赤みは数ヶ月消せない

左図は前回コラムでも見た「赤く膿んだニキビ」の模式図です。この赤みは「血管」の赤みです。ニキビはある種の炎症なので、膿んだニキビができてしまうと必ずそこに新しい「血管」ができます。そして一度作られた血管は炎症がおさまると次第に減少していきますが、それには数ヶ月の時間がかかります。一旦膿んだニキビ跡の赤みが消えるのには最短でも数ヶ月かかり、どんな薬でもすぐに治すことはできないのです。

世界標準のニキビ治療のポイントは「毛穴詰まりを改善し、新しく膿んだニキビを作らない事でニキビ跡を残さずに治す」ということでした。「薬を使って新しく膿んだニキビを作らない」ことで、「新しく赤いニキビ跡ができない」状態をつづければ、「すでにできた赤いニキビ跡は数ヶ月で消える」ので、「数か月後にはニキビ跡の赤みも消える」という仕組みです。すなわちニキビの薬を続けて、膿んだニキビを作らない状態を続けることが赤いニキビ跡を消す最短ルートなのです。

ニキビが好発する若い人にとって数ヶ月というのはとても長い時間だと思います。しかし「赤みが消えないから薬が効いてないと思って止めた」ら、また新しいニキビが出てきます。新しいニキビが出たら、そのニキビの赤みが消えるのにさらに数ヶ月かかります。赤みがすぐに消えない理由をしっかり理解して膿んだニキビを新しく作らない治療を継続して、最短ルートでニキビ跡の赤みを消すことができるように頑張りましょう。

なお、ニキビ跡の赤みをどうしてもすぐに消したい場合は一つだけ方法があります。血管を焼きつぶす特殊なレーザーをつかうことです。ただし、保険治療ではなく、痛みが強く、場合によってしばらく内出血を起こします。また、新しい赤く膿んだニキビが次々に出てきている状態でそのレーザー治療をしても意味がありませんので、結局は「新しい膿んだニキビを作らないことが赤みを消す最短ルート」であることに変わりありません。また、陥没してしまったニキビ跡も保険治療では治療できません。現段階では炭酸ガスフラクショナルレーザーが最も効果的です。この場合も新しく膿んだニキビが完全におさまってからの施術が前提なので、やはり膿んだニキビを作らない治療が大切なことに変わりありません。