身の回りはかぶれるものでいっぱい!

かぶれ
毛染めによる接触皮膚炎はとても多い病気です

現代人の身の回りには大変多くの物質があふれています。その中でもかぶれることが多いのは、毛染め・シャンプーなどのヘアケア製品、ピアス・装身具などの金属製品、洗顔・クレンジング・メイクアップ化粧品などのコスメティック関連製品です。

「自然派」「アレルギーテスト済み」「無添加」でもかぶれることも

必ずしも化学物質がダメで自然のものが良いわけではなく、アロエやヘナ(毛染め)でもアレルギー症状が報告されています。また「アレルギーテスト済み」というのは「ある一定の人数でアレルギーのテストをした」という意味で、どんな人でもかぶれないという意味ではありませんし、「無添加」とはかぶれる可能性のあるものは全く添加していないという意味ではないのです。「無添加のもの・自然派のものを使っているからかぶれるはずが無い」という事はないということを知っておきましょう。

検査はパッチテストで行います

パッチテスト
原因になっている可能性がある物質を家から持ってきて体の一部に貼り付けます

家で使用しているものでパッチテストを行います。例えば左の写真のように、幾つかの原因になっているかもしれない物質を体の一部に貼り付け、赤く発赤が出たものにかぶれている可能性が高いと考えます。

 

 

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする