魚の目とタコは同じ仕組でできます

魚の目
半透明の小さい芯のようにみえるのが魚の目の芯です

足裏の骨と地面、または、趾の骨と靴にはさまれた皮膚が継続的に圧迫を受けることでできます。

タコは芯がないのでなんとなくゴツくなるだけですが、魚の目は中央に堅い芯ができるので痛みを生じることがあります。

特にハイヒールや幅の狭い靴を履いていると、体重が一点にかかりやすいのでウオノメ・タコができやすくなります。

放っておくと内出血や二次感染を起こすことも

ウオノメ・タコ
放置していると内出血や二次感染を起こすことがあります

少しくらい大丈夫と思ってあまりほっておくと、硬くなった皮膚の下で軟部組織が傷害されて、内出血や二次感染を起こすこともあります。

特に糖尿病の方では壊疽に進展したりするリスクも有りますので、気がついたら皮膚科で処置を行ってもらいましょう。

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする