異汗性湿疹
手足に水疱が多発した場合には強いかゆみと痛みがあることもあります。

手のひら・足の裏などに水疱や皮むけを作る病気です。

季節の変わり目(特に初夏や気温上昇時期)に発症する病気で、汗と大きな関係があると考えられています。

ミズムシと勘違いする人が多い

異汗性湿疹
手足の皮がむけるだけの症状のこともあります。よくミズムシと間違われます。

見た目の症状がミズムシと変わらないので、薬局などでミズムシと言われて水虫の薬を塗ってくる人が多い病気です。こじらせて治療期間が長くなることが多いので、中途半端に治療せずに皮膚科を受診するほうが早く治ります。

金属アレルギーの関与があることも

重症の異汗性湿疹では、金属アレルギーが関与していることがあります。歯科金属が多い人の場合には金属アレルギーの検査が必要になることもあります。

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする