しもやけ
ぼんやり赤く晴れる

しもやけは寒い時期にでる「皮膚の循環不全」です。やや子供に多い病気ですが大人になっても出ることもあります。

手・指・趾・耳・頬に多く、赤み・痒み・腫れが出て、ひどい場合には指全体が腫れあがったりします。足の指では靴などで密封されて汗でジクジクしていると悪くなりやすい傾向があります。

しもやけにならないようにするには?

寒いと血のめぐりが悪くなるので、あたためるのが一番です。ストーブやこたつで急激にあたためるより、室内でも靴下やスリッパをはいたり、お風呂にのんびりつかったりして徐々にあたためた方が良いでしょう。マッサージも効果がありますが、強すぎるとかえって組織を痛めてしまって逆効果になりますので注意が必要です。治療にはビタミンEや漢方薬の内服や、塗り薬を使います。漢方薬は効果が高いですが苦いので子供はなかなか飲めないのが問題です。塗り薬は炎症が強い時にはステロイド外用剤を使いますが、それほどでもない場合は血行を促進するような外用剤を使います。

しもやけに似た「その他の皮膚病」に要注意

しもやけとよく似た症状で全く異なる皮膚病が幾つかあります。特に微熱が続いたり関節痛が続いたりなどの全身症状を伴う場合には早めに病院で相談しましょう。

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする